お気軽にご相談ください
0120-733-384

14,000台以上の施工・販売実績
防犯カメラのプロにお任せください!

マンションの防犯カメラ映像保存期間

マンションやアパートの最適な録画保存期間

防犯カメラをマンションに設置した場合の録画画像保存期間

最適な録画期間とはどれぐらいでしょうか?
それはその建物によって変わります。例えば食品工場であれば、1年から2年は録画が必要になります。
マンションではどうでしょうか?会社と違ってルールがないため、管理組合やオーナーが自分自身で決めなくてはなりません。
ここでは、一般的にどれぐらい録画するべきか、ということとなぜそれだけの期間録画をしなくてはいけないか、ということについてご説明します。

場所別の録画期間

マンションではほとんどの場合、録画したい場所は決まっています。
エントランス、ゴミ捨て場、駐車場(駐輪場)です。この3点を中心に解説します。

エントランスの映像保存期間

エントランスで録画したいのは、「どんな人が入ってきてどんな人が出て行ったか」です。
不審者が侵入し、何かを盗んだり破壊したりした場合、映像をさかのぼってみる必要があります。通常なら2-3日あれば、変化に気づきますが、お盆や正月に帰省した場合どうでしょうか。長期の留守中に泥棒に入られるのはよくあること。
大体長くても1ヵ月は録画がほしいですね。

ゴミ捨て場の映像保存期間

ゴミ捨て場では、マンション外からの不法投棄とマンション内の住人によるゴミ出しのルール違反対策です。行政によって違いますが、多くの市区町村ではゴミ収集車は週2回来ます。
燃えないゴミはもう少しスパンが長い場合が多いですね。例えば月曜日と木曜日の朝にゴミ収集車が来る場合、ゴミ収集からゴミ収集までのスパンが最大で4日間あります。
何らかの理由で収集されなかったとしてそれに気づくまでに2日かかったとしましょう。そうするとゴミステーションの防犯カメラ録画期間は最低でも6日間ということになります。

駐車場(駐輪場)の映像保存期間

「駐車場内でのちょっとした事故にいつ気付けるか?」と、「自転車を盗まれたらどれぐらいの期間で気付けるか?」と考えるのが妥当です。
車を毎日一周回ってチェックする人もあまりおりませんし、自転車も週末しか乗らないという方も多いです。1か月程度の映像保存期間が必要と考えてよいと思います。

最低3か月の録画映像保存期間があると安心

駐車場がない場合は、2週間程度でよいと思いますが、そうでない場合は最低三か月ほど保存期間があると安心できると言えますね。

管理組合では、全員の同意を取るために、録画期間にも根拠が必要です

これらの根拠をもとに、録画期間を決めれば、導入する防犯カメラの仕様が決まってきます。
特に録画画像を保存する【HDD】は、その容量によって見積金額も変わります。最適な記録媒体を実装した防犯カメラシステムを導入して下さい。

豊富な防犯カメラ販売実績、設置工事実績で東京・神奈川をサポート

経験豊富な弊社スタッフがあなたの防犯カメラ導入をお手伝いします。現金購入、リース、レンタルと導入方法は様々。設置も、一般工事から夜間工事、高所作業までどんな現場にも対応できます。
設置工事可能範囲は東京、神奈川、千葉、埼玉ですが、中部地域、関西地域もカバーしています。またカメラもドームカメラや赤外線カメラ、屋外用・屋内用・家庭用と種類も豊富で、その選択から費用対効果のご相談まで専門業者である私たちにご相談ください。

東名阪の防犯カメラ工事
防犯カメラの費用・価格を電話で聞ける

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら

横浜防犯カメラセンター

横浜防犯カメラセンターで、防犯カメラシステムの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。取り付け費用の現金支払いはもちろん、リース(長期)、レンタルでの導入も可能です。

落雷や水害などの自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保障が付く導入方法もありますので一度ご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川)にて装置のデモンストレーションにお伺いいたします。その際、費用についてもご相談ください。気軽にお申し付けください。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム