お気軽にご相談ください
0120-733-384

14,000台以上の施工・販売実績
防犯カメラ・ネットワークカメラのプロにお任せください!

  • HOME »
  • お知らせ »
  • 屋外にWi-Fi(ワイヤレス)で防犯カメラを設置する危険性

屋外にWi-Fi(ワイヤレス)で防犯カメラを設置する危険性

Wi-Fiでの防犯カメラ設置を依頼されるお客様が多いのですが、そのほとんどをお断りしています。
なぜお断りしているかというと、不具合が多いからです。
このページではWi-Fi防犯カメラの危険性、などをお伝えします。

自宅の屋外にWi-Fi(ワイヤレス)で防犯カメラを設置したい

自宅の屋外にWi-Fi(ワイヤレス)で防犯カメラを設置したいというお問合せが増えています。
弊社では、屋内であってもできる限り有線で防犯カメラ工事をしたほうが良いとご説明させていただくのですが、その危険性についてお電話ではなかなかご理解してもらえないので、ここでご説明させていただければと思います。

wifiやワイヤレス信号で防犯カメラを施工したい理由

お客様からいただく、ご相談の内容はそれぞれ違いますがいわゆる無線での防犯カメラ設置を希望される方の理由は以下のような感じです。

  • 自宅の壁に穴を空けたくない
  • 配線や配管がみっともない
  • 工事費用が掛かる
  • ただなんとなく

ワイヤレス・Wi-Fiの防犯カメラを辞めたほうがいい理由

お客様のご意見はこのような感じで、ワイヤレスを所望されるお客様のお気持ちは痛いほど理解できます。それではなぜ、ワイヤレスの防犯カメラを極力販売しないかをご説明させていただきます。

wifiジャマ―という装置の存在

wifiジャマ―

秋葉原などで簡単に買えるジャミング装置(電波妨害装置)というものがあります。1万円~5万円程度で販売されています。
例えば、企業の研究所や試験のカンニング防止などに使われているのですが、当然wifiの防犯カメラもこの影響を受けます。
狡猾な泥棒は、このジャマ―を使い、半径2、30mの一帯を携帯もWi-Fiもブルートゥースも使えなくした状態で犯行に及びます。もちろん違法です。当然防犯カメラには映像は一切残っていません。

電源配管・配線はどちらにせよ必要

防犯カメラの配線・配管

ワイヤレスになると、カメラだけ設置して配線が露出しないとお考えの方もいらっしゃいますが、電源がカメラのそばにない限り、AC100Vの太い配線を配管して施工しなくてはなりません。
屋外にコンセントがない場合は、結局壁に穴を開けなくてはならず、結局見た目はそんなに変わりません。

壊れたときにどこが壊れたのかよくわからない

防犯カメラが壊れた原因

詳しい方は問題ありませんが、Wi-Fiの防犯カメラの場合、カメラとレコーダーの間にルーターが介在するので、壊れたときに壊れた場所がわかりにくくなります。
ネットショップなどで販売されている格安のワイヤレスカメラの場合は、さらに原因の切り分けが難しく、私達でも手に負えない時があります。

家庭用防犯カメラのレンタル ファミリープラン

弊社でwifiを推奨する場合

公道を挟んだ反対側にカメラを設置したい時

公道を挟んだ反対側に母屋がある、といった場合は物理的に配線できません。母屋にいる祖母の様子を見たい、といった場合にはWi-Fi仕様に組み立てた防犯カメラを使います。ただしこの場合、両方で電源が取れないと設置は難しく、ソーラーパネルで電源を供給できないかというお話もいただくのですが、カメラの消費電力が高いため実現しません。

大きな工場などで距離が500m以上で見通しがある時(大容量無線LANアンテナ)

手のひらサイズのアンテナを送信側と受信側に向かい合わせて1kmほどwifiを飛ばす装置があります。録画を送信側で行ったうえで信号を転送させるのでwifiジャマ―などで妨害されても録画は残ります。大きな工場の離れた駐車場などはこういった装置を使って通信することがあります。

スマホで見る防犯カメラとWifi防犯カメラ

Wifiに対応した防犯カメラとスマホで見るカメラは全く別物ですので注意が必要です。
wifi対応防犯カメラは、無線ルーターとの接続を行うカメラです。スマホで見る機能は別物です。

それでも自宅にワイヤレスのWi-Fi防犯カメラを設置したい場合

弊社では、Wi-Fiやワイヤレスの場合、企業にリースで納めているような業務用のシステムしか取り扱っておりません。格安のものを取扱っていないので、Amazonなどで購入し、電気屋さんではなく、パソコンショップのような機械を販売している会社に工事の相談するのがおすすめです。録画に関してはSDカード式のタイプもあるかと思います。
インターネットの知識を持っている方に相談してみてください。
また、映画の中に出てくるスパイが持っているような小型の道具はあまりないと考えたほうが良いでしょう。

家庭用防犯カメラのレンタル ファミリープラン

豊富な防犯カメラ販売実績、設置工事実績で東京・神奈川をサポート

経験豊富な弊社スタッフがあなたの防犯カメラ導入をお手伝いします。現金購入、リース、レンタルと導入方法は様々。
設置も、一般工事から夜間工事、高所作業までどんな現場にも対応できます。
設置工事可能範囲は東京、神奈川、千葉、埼玉ですが、中部地域、関西地域もカバーしています。
またカメラもドームカメラや赤外線カメラ、屋外用・屋内用・家庭用と種類も豊富で、その選択から費用対効果のご相談まで専門業者である私たちにご相談ください。

東名阪の防犯カメラ工事

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら

弊社は防犯カメラ設置工事の専門店です。wifiを使った防犯カメラ工事はほとんどやっておりませんが、屋外で配線が難しい場合はぜひお気軽にご相談ください。

防犯カメラの設置前に

防犯カメラセンターで防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。
取り付け工事費用の現金お支払いはもちろん、リース、レンタルでの導入も可能です。

自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保証が付く導入方法や、HDDなどの消耗品交換が無償になるサービスもありますのでぜひご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川)にて装置のデモンストレーションにお伺いすることも可能です。
安心して任せていただける業者であるために様々なサービスを展開しております。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム