お気軽にご相談ください
0120-733-384

14,000台以上の施工・販売実績
防犯カメラのプロにお任せください!

  • HOME »
  • お知らせ »
  • 安い防犯カメラはなぜ買ってはいけないか

最終更新日 2019年7月26日

安い防犯カメラはなぜ買ってはいけないか

インターネットで安い防犯カメラを購入し、困っていらっしゃるお客様が多いので、この記事を書きました。

激安・格安で販売されている防犯カメラ

弊社は2006年に会社を創業させ、防犯カメラの専門店として業績を伸ばしてきました。
当時はどこのメーカーも価格が高く、防犯カメラはお金持ちの設備、もしくは反社会的な団体の設備でした。
現在では、一般の会社員の方でも比較的お求めやすい金額で購入できるようになりました。
そんな中、工事費込みで10万円以下で防犯カメラをつける安い業者がインターネット広告に掲載されるようになりました。
最初は、そんなにも安い防犯カメラを販売する業者があるとは信じていませんでしたが、本当でした。
私も海外のマーケットに足を運ぶ機会が多く、10ドル、20ドルで売られている質の悪いカメラHDDなしで30ドル程度で売られている質の悪いレコーダーをよく見かけており、質の悪さに「これは日本では販売できない」と思い込んでいました。
市場の原理があるので、低コスト低価格のものが良く売れるのは理解できますが、多くのお客様がそれらを購入し、後々困っていらっしゃる現状をたびたび目にしてきましたので、この記事を書こうと思った次第です。
個人的な意見もありますので、精査してご覧ください。

安い防犯カメラを買ってはいけない理由

HDDの寿命が短い

安い防犯カメラはすぐ壊れる

防犯カメラのレコーダーには、映像を記録するHDDという記憶装置が入っています。これは消耗品で時期が来ると交換をしなくてはいけません。
必ずです。
ある程度のレベルのレコーダーには、この寿命を長くするソフトが組み込んであり、長期間同じHDDを使用できるよう設計されています。
安いレコーダーは、2~3年で録画できなくなります。

ソフトウェアが更新されない

安いレコーダーはソフトウェア更新がない

スマホやパソコンで見ることができる防犯カメラシステムは珍しいものではなくなってきました。ただ、安いものを購入して、最初はスマホで観ることができたけど、スマホのOSバージョンアップで観れなくなってしまったという話をたくさん聞くようになりました。
安い防犯カメラは、ウインドウズやIOS、アンドロイドOS(スマホのOS)のバージョンアップについていくことができず、ソフトウェアやスマホアプリ自体を途中で放棄してしまったメーカーがかなりあります。

また、セキュリティも甘く、過去に映像が流出した事件やサイバー攻撃の対象になった機器もあります。
遠隔監視をしたいお客様は絶対に安い防犯カメラを買ってはいけません。

サポートが無い・少ない・遅い

安い防犯カメラはサポートも安い

私たちが普段、安い防犯カメラを購入したお客様から聞くお困りごとは、
「防犯カメラが壊れて電話しても折り返しもなく放置された」
「使い方がわからず、電話してもすぐに折り返し電話をもらえない」
「壊れたカメラを外して送ってくれといわれたが、高いところにあって外せない」
というものでした。
当然、料金が安いのでそのサービスは見込めません。
サポートが無くても大丈夫、という方でないと安い防犯カメラは買ってはいけません。

映像が暗い・画質が荒い

安い防犯カメラは画像が暗い・荒い

基本的にある程度のレベルの防犯カメラは、イメージセンサーにソニー製品を組み込んでいます。弊社の防犯カメラは100%ソニー製のイメージセンサを内蔵させています。
ようは同じ200万画素、400万画素といっても画質は比べると全然違うということです。
安いカメラは、安いイメージセンサーを搭載しているので画像は200万画素でもあまりきれいではないです。
当然、赤外線LEDも数が少なく安価なものを使っているので夜間明るく撮影できません。

高いカメラをつけても安いカメラをつけても工事代金は一緒

安い防犯カメラは工事費が逆に高い

一般的に電気工事士一人当たりの日当は、20000円~30000円ほどです。東京だと高い場合は40000円ぐらいかかることもあります。
これに材料費や交通費などが加算されて工事費用が算出されます。
電気工事士ではない、「もぐりの方」だとこの限りではないと思いますが、資格を持ったプロの電気工事士であればこのぐらいはかかります。
これは安いカメラを設置しても高いカメラを設置しても同じです。
トータルで考えると高くはなりますが設置するための経費が同じだと理解できれば、質の高いカメラを設置したほうが良いと思いませんか?

安い防犯カメラを買ってもいい場合

これらのことを踏まえて、安い防犯カメラを買ってはいけない理由はわかっていただけたと思いますが、逆に安い防犯カメラを買ってもいい場合があります。
こういう場合、私なら安い防犯カメラを購入する、というニーズも確かにあります。

短期間しか利用しない

半年から1年しか利用しない。頻発するイタズラや嫌がらせの証拠撮影などに利用

機械に詳しい

大体どんな機械も少し触ればなんとなくわかる。男性の方に多いです。

インターネットにつながない

スマホやパソコンで見る必要がない。インターネットにつながないのでセキュリティの問題がない。

安い防犯カメラも決して安くない

安いといわれる工事費込みで10万円以下の防犯カメラシステム、ネットショップで購入できる3~4万円ぐらいの防犯カメラセット、それらもよく考えると高いです。
弊社では、長く使用できるよい品質の防犯カメラを比較的低価格で提供できるように日々営業努力しております。
大手警備会社が販売する防犯カメラと同等の品質と、それ以上のサービスを半額近い料金でご提供しています。

豊富な防犯カメラ販売実績、設置工事実績で東京・神奈川をサポート

経験豊富な弊社スタッフがあなたの防犯カメラ導入をお手伝いします。現金購入、リース、レンタルと導入方法は様々。
設置も、一般工事から夜間工事、高所作業までどんな現場にも対応できます。
設置工事可能範囲は東京、神奈川、千葉、埼玉ですが、中部地域、関西地域もカバーしています。
またカメラもドームカメラや赤外線カメラ、屋外用・屋内用・家庭用と種類も豊富で、その選択から費用対効果のご相談まで専門業者である私たちにご相談ください。

東名阪の防犯カメラ工事

電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-733-384

メールでのお問い合わせはこちら

横浜防犯カメラセンター

横浜防犯カメラセンターで、防犯カメラシステムの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。取り付け費用の現金支払いはもちろん、リース(長期)、レンタルでの導入も可能です。

落雷や水害などの自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保障が付く導入方法もありますので一度ご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川)にて装置のデモンストレーションにお伺いいたします。その際、費用についてもご相談ください。気軽にお申し付けください。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム