お気軽にご相談ください
0120-733-384

14,000台以上の施工・販売実績
防犯カメラのプロにお任せください!

車の中に防犯カメラを設置することは可能か?

基本的に不可能と考えてください。カメラはたくさんの電力を使いますので車のバッテリーでは一日持ちません。
ドライブレコーダーの多くはエンジンが動いているときしか撮影できないものが多く、車のエンジンがついていない駐車中の映像は撮影できません。ですのでこういった質問が多いのですが難しいのが現実です。
また、社内から撮影したカメラ映像では社外のイタズラの撮影がうまくできず、証拠能力に欠けます。できれば駐車場側にカメラを設置して外から撮影できる状態が作れるとベストでしょう。

過去に1度だけ実績があります

特殊な例ですが、過去に車内部に防犯カメラを設置したことがあります。
大きなバッテリーを2つ用意し、交互に夜間撮影する方法です。クリップ式のカメラ取付金具をシートの枕に取り付け足元にレコーダーとバッテリーを配置します。そして、毎日車を降りるときにスペアのバッテリーと交互に交換しながら運用しました。
これは特殊な例であり、費用が50万円ほどかかりました。レベルの高いバッテリーが2つ以上必要になるためです。

車内部の防犯カメラ

基本的にはお受けできません。カーポート側への防犯カメラ設置の再検討、もしくは車屋さんに相談するなどしてみるといいでしょう

横浜防犯カメラセンター

横浜防犯カメラセンターで、防犯カメラシステムの設置工事を検討して頂く際は、いろいろな導入手段が使えます。取り付け費用の現金支払いはもちろん、リース(長期)、レンタルでの導入も可能です。

落雷や水害などの自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保障が付く導入方法もありますので一度ご相談ください。

ご希望により、無料で工事前に、実際に導入したい場所(東京・神奈川)にて装置のデモンストレーションにお伺いいたします。その際、費用についてもご相談ください。気軽にお申し付けください。

まずはお気軽にご相談ください

電話 メールフォーム